東京都 千代田区 麹町 内科 循環器科 消化器科 呼吸器科 外科 特定健診 特定保健指導
 
 

第6回 大腸カメラ[内視鏡検査・下部消化管]

 

 

大腸がんの早期発見に効果があり15分程度で終了。

現在、大腸がんの集団健診は便潜血反応検査として行われてますが、その検査で陽性となった場合に、二次検査(精密検査)として大腸カメラが行われてます。
日本テレビ通りクリニックでは胃カメラだけでなく、大腸がんの早期発見のために大腸カメラも行っております。受診者に楽に受けてもらうために、意識化鎮静法をという少し眠くなる方法で、内視鏡検査を行っております。

大腸カメラは、肛門から挿入して、直腸・S状結腸・下行結腸・横行結腸・上行結腸・回盲部(図)という大腸の一番奥まで観察する検査です。大腸がんは粘膜から発生しますが、大腸はひだが多くその間を細かく観察し、粘膜の微妙な変化をとらえ、異常を発見し、小さなポリープや極初期の小さながんも発見できます。

ただし、大腸カメラを行う場合には、前処置として大腸内の便をすべて出し、大腸内をきれいにする必要がある為、受診者に下剤を内服してもらっています。前夜に自宅で軽く下剤を内服してきていただき、検査当日の朝に、来院後下剤を内服してもらっています。これにより大腸内がきれいになり内視鏡検査が行えるのです。検査前には十分な説明を行い、受診者に納得していただいて施行しております。内視鏡を担当するのは内視鏡専門医で、介助には看護師が付き、検査中、受診者の状態はパルスオキシメータという血液中の酸素飽和度をモニターし把握しています。

また、内視鏡に関連した感染症予防のため、ハイレベルな洗浄・消毒をおこなっております。検査は10分から15分程度で、検査終了後は一定時間休んでいただき、目が覚めていることを確認後、その日のうちに結果説明をしております。病変があった場合は組織を一部採取し、病理学的検査を行ったうえで、後日その結果を説明しております。もし、ポリープやがんが判明した場合は、連携病院にご紹介しております。

健康への意識の高い方など、是非一度ご相談ください

大腸内視鏡検査を受けた方がいい人
近年、日本人の生活様式が欧米化するに従い、日本人のかかる疾病の種類も欧米化してきているといわれています。図に示すように大腸がんによる死亡も年々増加の一途をたどっています。大腸がんも早期発見・早期治療により、かなり予後が期待できる疾患となってきています。
 今日、内視鏡技術の進歩で検査そのものは確立されつつあり、精度も向上しております。前処置の下剤が少し大変ですが、次(右図)のような方は是非一度大腸の内視鏡検査につきご相談ください。

 
  ← 戻る  

 〒102-0081 東京都千代田区四番町7-6(日本テレビ四番町ビル 4号館1F)
 [東京メトロ有楽町線 麹町駅6番出口より徒歩2分/JR市ヶ谷駅より徒歩7分/JR四ッ谷駅麹町口徒歩8分/半蔵門線 半蔵門駅5番出口より徒歩約8分]

 TEL:03-3264-3588 FAX:03-3264-3677
  E-mail:info@ntvavn-clinic.com